若く朗らかな表情のために|しわやほうれい線が出てきたらたるみ治療ができるクリニックを探そう

しわやほうれい線が出てきたらたるみ治療ができるクリニックを探そう

女性

若く朗らかな表情のために

女性たち

歳を重ねていくと誰にでも出てくるのが悩みの種でもある顔のしわです。特に眉間にできるしわは、顔の中央にあって目立つこともあり、老けた印象と共に険しい顔に見えるなどど表情を曇らせてしまいます。この眉間にできるしわの原因は、乾燥やコラーゲン不足により張りの低下、つまりは弾力性の低下と、普段からの表情の癖によるものです。特に表情の癖は、目の見えづらさから目を細めたり日々の悩みから険しい表情してしまうことで、常に眉間の筋肉が緊張させて強張らせてしまいます。眉間にできるしわの治療は、これらの原因を取り除くとともに、スキンケアにより肌の張りを取り戻し、ストレッチや薬剤の注射で眉間の筋肉をほぐすことを目指します。

眉間のしわに対して行われる治療に、ボトックス注射というものがあります。ボツリヌストキシンという薬剤をしわの部分に注射するという治療方法で、治療時間も5分程度と短く、注射針を刺すだけなので傷や跡も残らないのが特徴です。ボツリヌストキシンはボツリヌス菌の毒素から作られた薬剤で、筋肉の力を弱めたり麻痺させる作用があります。この作用を利用して眉間の筋肉を緩めて緊張をほぐしてやることによりしわを解消させるのです。高い効果が期待できるこの治療にもいくつかのデメリットがあります。一つは、健康保険が適応されない事です。このため治療費の負担も大きなものとなります。さらに、効果の続く期間にも限りがあり、数か月程度で効果が無くなってしまうため、継続的な治療が必要になります。ただ、注射を続けていると筋肉の緩んだ状態で定着していくこともあるようです。